eLife logo
再診の方
Menu

編集者

記事製作者
Kyoka Hayakawa

目次

    更新日: 2022.06.14
    バイアグラのオンライン処方と通販について

    バイアグラは、日本で1番メジャーなED治療薬です。医薬品になるため処方箋なしでは手に入れることはできません。国内承認済みのバイアグラを国内で手に入れたい場合は、まず医療機関での診察をお勧めします。eLifeではオンラインで診察を受け付けています。

    バイアグラとは

    ・バイアグラとはどのようなものなのか

    バイアグラは、シルデナフィルクエン酸を有効成分とした世界初のED(勃起不全)治療薬です。

    このシルデナフィルは、元々は抗狭心症薬として英国ファイザー研究所で誕生したものであり、ファイザーの商標登録名です。

    そして1998年に米ファイザー社よりバイアグラが発売され、日本でもED治療薬として1999年から処方が行われています。

    現在は、ファイザーの特許切れ医薬品事業を中心に行う新会社ヴィアトリス製薬が、バイアグラの製薬事業を担っています。

    ・バイアグラ発売前のED治療について

    バイアグラが発売される前のED治療は、性器に直接薬剤を注入したり、シリコンを埋め込んだり、補助器具を使用するなどの医療行為となっていたため、個人で気軽に行えるものではありませんでした。

    そのため服用するだけでED改善ができるとされるバイアグラは、夢の薬とも呼ばれていたのです。

    ・バイアグラの特徴

    バイアグラは、勃起障害を助ける治療薬として開発されています。

    服用すると強制的に海綿体への血液流入を促進し、ペニスを勃起させることができる効果が期待できます。

    そのため性欲を増進させたり、催淫効果などを発揮するものでは無いのです。

    そもそも勃起とは、スポンジ状の海綿体に血液を流入させることで実現しています。

    具体的に本来性的な興奮が起こると、海綿体平滑筋の緊張を緩める「cGMP」が作用して勃起がもたらされ、逆に「PDE5」という酵素が作用すると海綿体平滑筋がぎゅっと締まり、勃起が治まるという原理です。

    そしてバイアグラは、勃起停止に関わる「PDE5」を阻害する役割を持っています。

    これにより性的な興奮がもたらされた時に、「PDE5」の作用で血液が流れにくくなるのを抑えることができるので、うまく勃起しないなどの勃起障害を一時的に緩和できるようにします。

    ・バイアグラの効果時間

    バイアグラは個人差はあるものの、服用してから約30分~1時間程度で性的な刺激を受けた際に十分な勃起が得られます。

    一般的に服用した後、1時間前後で1番効果を確保しやすいとされていることから、性行為が想定される時間の約1時間前に服用するという使われ方が多いのはそのためです。

    ただし、バイアグラの服用前に食事をしていたときなどは、効き始める時間や効き目自体に影響を及ぼすので、この辺りは注意が必要になります。

    国内の通販で購入できない理由

    ・通販サイトについて

    現在日本の法律上、国内発送をしているバイアグラ通販サイトは存在しません。

    この理由は、厚生労働省の個人輸入代行業の指導・取締りによると医薬品の輸入を行う場合、譲渡や販売は行ってはならない、と定められているからです。

    そのためAmazonや楽天などの通販サイトでは、購入することができない決まりになっています。

    さらに当然ですが、薬局やドラッグストアなどでも購入することはできません。

    ・国内発送は注意

    バイアグラは現在法律で通販が禁止されていますが、国内発送を行っている悪質業者も大勢あります。

    そのため国内発送をしているバイアグラ通販サイトを見つけても、そのサイトで購入することはオススメできないのです。

    もしこのようなサイトを利用したときには、様々なトラブルを抱えることになります。

    ・代表的なトラブル①

    バイアグラは世界的にも有名な医薬品であるため、偽物や粗悪品も多く存在します。

    実際にあった事例では、屋外で製造していたり、錠剤を青く見せるために青いペンキを混ぜていたり、レンガを削って作ったなど、バイアグラとは到底呼べないような物までもが出回ったことがあります。

    こういった製品が出回るほとんどが、正規の輸入ルートを通さないものばかりです。

    そのためあまりにも安く手に入れることができるバイアグラは、疑いの目を向ける必要があります。

    ・代表的なトラブル②

    購入先の業者が逮捕された際に、厚生労働省や警察から購入者として事情聴取される恐れがあります。

    薬物に関する法律や取り締まりは現在では非常に厳しく、第三者として利用しただけでも違法サイトの関係者として追及される可能性があるのです。

    バイアグラの中に日本で認可の降りていない成分が入っている場合は、処罰の対象とされることもあります。

    これは知らなかったとしても3年以下の懲役か300万円以下の罰金、あるいはその両方が課せられることがあります。

    バイアグラを手に入れるためには

    ・バイアグラを手に入れる方法

    バイアグラを購入する方法は、病院で処方してもらうか通販で購入する方法の2つに絞られます。

    この2つの方法には、それぞれメリットとデメリットがあるので、しっかり押さえておくと良いでしょう。

    通販と聞いて思い浮かぶAmazonや楽天などでは、現時点でED治療薬の販売はされておらず、購入することができない決まりになっています。

    その理由は薬機法(旧薬事法)が関わっており、特にインターネット通販などにおいては規制が厳しく、かなり狭い範囲でしか通販が認められていないという現実があります。

    ・病院での処方

    病院で処方してもらうメリットは、医師と話をして処方してもらえる点にあります。

    特にバイアグラは、効果を十分に発揮するための飲み方などがあります。

    薬の副作用や飲み合わせの悪い薬もあるので、しっかりと教えてもらえます。

    デメリットは、病院へ行って診察を受ける必要があることです。

    病院では自由診療になるので保険が効かず、診察料を含めて費用が高いのです。

    そしてバイアグラは特殊な薬と言うこともあり、あまり人に知られたくないと思われますが、病院では医師や看護師を含め多くの人と接触する必要がありますので、一歩踏み出す勇気も必要になります。

    またバイアグラはED治療薬なので、医師が適切と判断しない限りは処方してもらえない可能性もあります。

    そのため興味本位で使ってみたいなどの理由では、購入することができないのです。

    ・通販で購入

    バイアグラを購入する方法としては通販があります。

    ただし通販と言っても、個人輸入という方法での取引です。

    このメリットは誰にも知られることなく、自分が欲しいと思ったタイミングで購入できるという点です。

    そのため病院での処方と違い、診察費なども不要ですし、病院で購入するよりも安く手に入れることができます。

    プライバシーにも配慮されており、バイアグラなど商品名の表記はありませんし、郵便局留めでの受取も可能なので家族に知られる心配もありません。

    デメリットとし���は、飲み方や使い方を事前に自分で調べておく必要があります。

    さらに通販で購入した場合は、偽物や粗悪品を掴まされる危険性もあります。

    そのため通販で購入するときは、実績の高いサイトをしっかりと見極めて取引する必要があるのです。

    オンライン診察のeLifeでできること

    ・バイアグラの処方

    現在は個人輸入による通販が主流となっていますが、本来バイアグラを処方してもらうためには、専門の病院やクリニックにて医師の診察をしてもらう必要があり、医薬品という括りです。

    これはバイアグラを飲んでも大丈夫な体なのか、しっかりと判断するためにも必要なことです。

    何も知識がない状態でバイアグラを服用するなど、万一の禁忌にも関わらず服用してしまうことを避けることができます。

    そのため薬の安全性や信頼性という面から見ても、病院やクリニックで処方してもらう方が望ましいのです。

    ・オンライン診療

    2022年には、新型コロナウィルス感染防止のための特別措置により、初診から電話の問診のみで処方が可能となるオンライン診察が多くなりました。

    オンライン診療は、対面診療と組み合わせることを条件に、厚生労働省が認めた正規の診察方法です。

    そのため自宅にいながらオンラインで診察を受けることができるので、EDやAGAといった特殊な症例でも診察を受けたり、薬の処方や受領をすることが可能ですし、ユーザーからの満足度も非常に高くなっています。

    ・eLife

    eLifeは、オンラインでEDやAGA治療と言った特殊な症状を解決できる診療方法です。

    そのためプライバシーが守られるのはもちろんですが、対面での治療が恥ずかしくてできなかったり、仕事が忙しくて治療院に通う時間が作れないと言うようなことを解決してくれる診療です。

    eLifeでは、スマホでカウンセリングから診察、処方から薬の送付まで全て完結・決済することができるので、早ければ最短当日にはお薬を手に入れることができます。

    ・オンライン診断の特徴

    オンライン診断の大きな特徴は、どこからでも受診が受けられプライバシーが守られることです。

    そして経験豊富な医師が多数在籍しているので、症状に合わせた適切な診断をしてもらえるのはもちろん、実績のある薬をしっかりと処方してもらえる点が大きいです。

    診療代は無料、お薬のみの代金なので、無理なく治療を続けられる特徴があります。

    バイアグラ以外のED治療薬の種類と違い

    ・バイアグラ以外のED治療薬

    バイアグラは、ファイザー製薬による世界最初のED治療薬です。

    現在バイアグラ以外にもED治療薬は多く販売されていますが、中にはジェネリック医薬品も含まれます。

    ジェネリックは販売価格も抑えられるというメリットがありますが、通販では偽物も多く出回っています。

    特にバイアグラジェネリックはブランド的にも非常に人気ですが、注文する際は十分に気を付ける必要があります。

    ・レビトラ

    レビトラは、バイアグラが発売された5年後から発売されたED治療薬で、製造販売元はアスピリンの開発で有名なドイツに本社を持つバイエル薬品という製薬会社が開発しています。

    レビトラの有効成分はバルデナフィルです。

    レビトラの特徴としては即効性があり、性行為の1時間前、空腹時であれば30分前に服用するのが一般的です。

    作用時間は10mg錠で5時間、20mg錠で7~9時間の持続が可能となります。

    バイアグラと違い、食事の影響を受けにくいという特徴もあります。

    ・シリアス

    シアリスは、日本新薬株式会社が製造販売するED治療薬です。

    シアリスの有効成分はタダラフィルです。

    シアリスの特徴としては性行為の1時間前、空腹時であれば30分前に服用するのが一般的です。

    作用時間は、10mg錠で20~24時間、20mg錠で30~36時間の持続が可能になります。

    バイアグラと違い、食事の影響を受けにくく、ほてりや潮紅の副作用発現率が低いという特徴があります。

    ・ザイデナ

    ザイデナは、韓国の東亜製薬が開発したED治療薬です。

    ザイデナの主成分はウデナフィルとなっており、バイアグラ、レビトラ、シアリスと同じPDE-5阻害薬に分類されています。

    ザイデナの特徴はレビトラの特徴でもある即効性や、シアリスの特徴の長時間作用を持っているED治療薬という点です。

    作用時間は100mg錠12~24時間と言われています。

    ザイデナの副作用はバイアグラより少ないと言われており、症状は各ED治療薬に共通のほてり、鼻閉、目の充血、頭痛などが主要になります。

    ・カマグラ

    カマグラは、インドのムンバイに本拠を構えるアジャンタ・ファーマ社が製造及び販売しているバイアグラのインド製ジェネリック医薬品です。

    カマグラは、厚労省未認可の医薬品になります。

    作用時間は50mgで4時間、100mgで7~8時間と言われています。