eLife logo
再診の方
Menu

編集者

記事製作者
Kyoka Hayakawa

目次

    薄毛で悩んで坊主にする前に。薄毛・抜け毛の悩みはeLifeに相談

    薄毛・抜け毛で悩んでいると、いっそ坊主にしてしまった方がいいという方もいますが、AGAは早期の治療で改善する可能性があります。ヘアスタイルも気にしつつできる薄毛対策・治療を紹介します。

    薄毛タイプ別坊主の注意点

    年齢を重ねると、若いときと違った肉体的な問題が少しずつ増えてきます。

    運動不足によって体形が変化したり、体力の低下を感じるようになってトレーニングを始めたりする人も多いでしょう。

    髪の毛に関する問題も30代・40代と年を重ねるに従って、急に薄毛が進行してくることも少なくありません。

    薄毛、抜け毛になる原因

    若いうちから抜け毛・薄毛に悩む人もいれば、中年から老年の年代になっても髪の毛がふさふさの人もおり、体質や日常生活の中に薄毛の原因は潜んでいると考えられます。

    抜け毛、薄毛の原因はいくつもありますが、大きくは6つに分類されています。

    体質面では、男性ホルモンの分泌量と薄毛には深いかかわりがあります。

    テストステロンという男性ホルモンは、男性らしい身体を作るために欠かせないホルモンで、精力・性欲を促進するものです。

    ただ、このテストステロンは体内でリダクターゼという物質と結合するとDHTと呼ばれる男性ホルモンへと変換されます。

    このDHTこそが薄毛の一番の要因で別名「薄毛ホルモン』とも呼ばれAGAを発症させる恐れがある他、前立腺がん発症にも繋がってきます。


    薄毛の原因としては、遺伝によっても高確率で発生します。

    リダクターゼの活性度や、男性ホルモンの受容体の感受性は遺伝子により違いがあり、DHTを取り込みやすい体質となり薄毛、抜け毛を引き起こしています。

    生活習慣や日常の運動不足からも薄毛、抜け毛は起こりますが、普段から運動をしていないと頭皮の血行不良に繋がり髪の毛の成長を妨げて発生します。

    毛髪に必要な栄養を摂取できていなくても、薄毛の原因となります。

    睡眠不足が続くとホルモンの分泌が不安定になり、毛髪の成長にも大きく影響をすることになります。

    薄毛になってしまったら

    生活習慣や食生活に気を使っていなくても、薄毛にならない体質であれば心配ありませんが、体質的になりやすい人は対策を講じていても薄毛になる確率は高くなります。

    実際に薄毛になってしまった場合は、早めにケアをして進行を抑制しなければなりません。

    サプリメントを摂取したり、頭皮マッサージをするなど毛髪のケア方法も色々ありますが、毛髪への負担を減らすために、髪の毛を短くカットする人は昔から多い傾向にあります。

    坊主にすればよいのか?

    髪の毛が長いと髪の毛1本1本に対する負荷は大きくなり、抜け毛が多くなるイメージは確かにあります。

    髪の毛が短ければ短いほど髪の毛、頭皮に対する負担も軽くなるのと薄毛が目立ちにくくなることもあって、坊主にしている薄毛の人が多いというイメージはないでしょうか。

    全体が短くなれば抜け毛が多い部分の薄さをカバーできるので、坊主にすること自体は悪いことではないように思います。

    しかし、誰でも坊主にすればよいのかと言うと一概には言えないところもあります。

    坊主にするときの注意点

    薄毛を目立たなくするために坊主にするのは、スタンダードな対策ですが注意しておくことがいくつかあります。

    禿げた部分を隠すことを目的にして坊主にするわけですが、禿げ方や薄くなっている箇所によっては坊主にした方が逆に目立ってしまうこともあります。

    自分のファッションの好みに坊主頭がマッチしないこともあります。

    全体を丸刈りで短くするだけではなく、頭頂部と横の長さを変えてみるなども試すとよいかもしれません。

    薄毛に似合うヘアスタイル集

    薄毛が目立つときの対策で丸刈りにする人は多いですが、丸刈りの坊主が効果的かというと必ずしもそうとは限りません。

    坊主にしたことで印象が良くなる人もいますが、イメージに合わず不評を買うことも少なくないようです。

    それぞれの人に合った薄毛対策が必要です。

    薄毛の人は坊主が多い

    薄毛の原因は、特定の個所の抜け毛のサイクルが早くなり、部分的に髪の毛の量が減ることから起こります。

    髪の毛の伸びるスピードよりも抜けるスピードが早く、他の個所との長さの違いが目立つのですが、坊主にすると長さの違いを隠せるわけです。

    薄毛の人が坊主にするのには理由があります。

    坊主でなくても大丈夫

    坊主にしてみたけど、思った以上に似合わないと悩む人がいることも事実です。

    薄毛対策で坊主が似合わない場合の多くは頭の形だと言われます。

    頭の形が綺麗な左右対称であれば坊主が似合いますが、非対称だと坊主がフィットしにくくなります。

    後ろが絶壁になっている場合もあまりフィットしないようです。

    そういう方は坊主にこだわらなくても、工夫次第で薄毛を目立たなくすることはできます。

    薄毛の人向きのヘアスタイル

    薄毛を目立たなくする場合、全体に髪を短くすることが多いですが、伸びてきたときに長さの違いが目立ちやすいという問題があります。

    そのため、こまめにカットして長さを揃えることがポイントになります。

    薄毛の個所にもよりますが、ゆるくパーマをかけるとボリューム感が増し薄毛が目立ちにくくなります。

    もみあげを刈り上げたツーブロックも薄い部分に目が行きにくく効果的です。

    普段からカットしてもらっているお店で相談してみるとよいでしょう。

    ヘアスタイル以外の薄毛対策

    長髪にしていると薄毛が目立ちやすいのはなんとなく分かりますが、坊主や短髪に抵抗がある人もいるでしょう。

    ヘアスタイルを工夫して、薄毛対策すると美容室、理容室に行く回数が必然的に多くなります。

    髪をカットして整える以外の、普段自分でできる薄毛対策も知っておく必要があります。

    薄毛は遺伝が多い?

    日本人男性の薄毛の約30%は、AGA「男性型脱毛症」で遺伝が大きく関係しています。

    父親、祖父が禿げていると自分も薄くなると思って、若いうちから対策をしておくことが薄毛予防に繋がります。

    もちろん遺伝が影響している場合は薄毛になりやすいのですが、自らの工夫で薄毛を抑制することは可能です。

    薄毛にならないためには

    薄毛になるときは、だいたい抜け毛が増えてきています。

    抜け毛が増え始めたと思ったら、自分の髪質のチェックをしてみましょう。

    髪のハリやコシがなくなった、頭皮がべたつきやすい、乾燥してフケが多くなったりしたときは抜け毛が増えるサインです。

    抜け毛の多くが細くて短いと薄毛になっていると考えられます。

    自分の抜け毛の状態が上記のような場合はへサイクルが乱れているので、薄毛予防の対策を早急に行わなければなりません。

    抜け毛を減らすための対策

    抜け毛を減らし薄毛を改善するために育毛剤や発毛促進剤を使用する人もいますが、薬剤だけでは抜け毛を減らすことはできません。

    自分でできる対策を行って薄毛を防ぐようにしましょう。

    食生活と睡眠は薄毛と大きなかかわりがあり、生活習慣の見直しは薄毛予防には欠かせません。

    食生活では、まず毛髪の成長を促すたんぱく質の多い食品を意識して摂取することがポイントです。


    毛髪の主成分であるケラチンは約90%がたんぱく質であり、不足すると抜け毛が多くなってきます。

    睡眠は人が健康な身体を維持するために欠かせないもので、睡眠不足が続くと頭皮への血行が悪くなり抜け毛が多くなります。

    睡眠不足はストレスにも繋がり、過度なストレスが抜け毛へと繋がりますので、睡眠時間を十分に取れるように対策しましょう。

    普段のヘアケアも大切

    頭皮がべたついたりフケが多くなると薄毛、抜け毛が多くなるサインと言われます。

    これは普段のヘアケアが間違っていると起こりやすく、自分のヘアケアを見直すことも必要です。

    頭皮は清潔にしておくに越したことはありませんが、頭を洗いすぎると逆効果になります。

    頭皮の皮脂は多すぎるとべたつきの元になりますが、洗いすぎると必要な皮脂まで流れてしまい頭皮が健康な状態を維持できません。

    シャンプーでの先発は1日1回が適切です。

    そして頭を洗うときは頭全体を指でマッサージして頭皮を柔らかく、血行の良い状態になるようにすると効果的です。

    eLifeの薄毛治療

    普段のヘアケアや生活習慣の見直しが薄毛や抜け毛の改善に繋がりますが、進行している場合はセルフケアだけでは困難になってきます。

    このような場合は、薄毛治療の専門クリニックでの治療が求められます。

    しかし、薄毛治療に既存のクリニックを利用することに抵抗を感じる人も多いのが現状です。

    そこで近年注目されているのが、オンライン治療のeLifeです。

    eLifeとは

    近年はあらゆる業界でオンラインが活用されていますが、病気を直接病院へ行かずに治療するオンライン治療も多くなっています。

    eLifeはオンラインクリニックの実績が口コミで話題になっているクリニックで、通院を知られたくない性病、ED、薄毛治療の利用者が多いことで知られています。

    オンライン治療で薄毛は治る

    オンラインで病気が治るのかと疑問に思う人も多いようですが、薄毛は通院しなくても改善は可能です。

    eLifeでは約90%の人が発毛を実感したというデータが残っています。

    オンラインで適切な処置・アドバイスを受けて薄毛の悩みを解決しましょう。

    オンライン診療の流れ

    オンライン診察のメリットは、自ら病院へ行って診察まで待つという時間を省略できるところです。

    直接会っていないところをデメリットに感じる人も多いですが、薄毛治療の場合は投薬と日常生活のアドバイスがメインとなるため、大きなデメリットにはならないようです。

    最近ではライフスタイルに合わせて、治療プランを選択することが主流です。



    オンラインで専門の医師による問診が行われ、症状に応じて薬が処方されます。

    普段の生活の中で改善することや実施することを指導され、診察は終了します。

    その後は処方された薬が届いたら、用法通りに摂取します。

    その後は症状の変化に合わせて治療を継続し、改善されるまで続けることができま

    坊主にする前にAGAの治療を

    薄毛の治療をしているところを友人や知り合いに見られるのは何となく嫌なものです。

    オンライン治療のeLifeであれば、自分の都合に合わせた診察が受けられ、人に知られる心配もありません。

    薄毛が目立つので取りあえず坊主にしてみようと考えている男性は、坊主にする前にelifeで治療を受けてみましょう。