eLife logo
再診の方
Menu

編集者

記事製作者
Kyoka Hayakawa

目次

    更新日: 2022.06.26
    バイアグラ服用の注意点と副作用について専門家が詳しく解説

    ED治療薬であるバイアグラ服用の注意点と副作用に関して解説します。ED治療薬にはバイアグラ以外もあります。バイアグラ以外の処方薬に関しても、注意点と副作用に関して解説します。

    バイアグラの特徴

    バイアグラとは

    バイアグラは米国ファイザー社によって開発されたED治療薬で、日本で1999年に認可販売がされています。

    バイアグラには、錠剤、舌の上に乗せ唾液か水で飲み込むタイプのODフィルムの2つがあり、いずれも有効成分はシルデナフィルです。

    シルデナフィルは元々狭心症の薬で血管を拡げる効果が期待されており、人間の体内にある勃起を抑制する酵素の働きを阻害する成分となります。

    現在、バイアグラの需要は日本海外を含め120ヶ国以上で使用されており、世界的にその有効性や安全性が立証されています。

    バイアグラの特徴

    バイアグラは、EDなどの勃起障害・勃起不全を治療する目的で開発された薬です。

    バイアグラを服用した場合、脳に性的な興奮や刺激を与えなくても海綿体への血液流入を促進されるため、強制的にペニスを勃起させることができる効果が期待できます。

    バイアグラ使用時の心臓への負担

    バイアグラを飲むと血管拡張作用が促されるため、心臓への負担が非常に大きくなります。

    そのため心臓疾患や高血圧症患者などに使用すると、本来の血圧を維持する事が困難となり、軽度であれば頭痛や体のほてり、重度になると死に至るケースも報告される大変危険な薬となります。

    バイアグラ使用の際にNGな人

    バイアグラは血管拡張によって勃起を強制的に促すため、体に大きな負荷を掛けます。

    そのため何らかの不具合を生じさせる事があります。

    一般的には、症状が出ても自然と回復する物がほとんどですが、中には症状が継続してしまう人、重篤になってしまう人など、人それぞれ異なる特徴があります。

    そのため症状が出てから治療していては遅い場合もあります。

    バイアグラとの併用薬

    バイアグラは、血管を拡張させて血液の巡りを良くする効果が期待できる薬です。

    そのため血圧を急激に低下させる危険性のある薬との併用をする事ができません。

    代表的な薬で言えばニトログリセリン、亜硝酸アミルなどがあります。

    これ以外にも問題となる薬や禁忌薬は多数ありますので、使用する際は事前に掛かり付けの病院やクリニックに相談をすると良いでしょう。

    バイアグラの服用方法

    バイアグラを服用する場合、1日1回性行為の1時間前に服用するのが一般的となります。

    バイアグラを連続使用すると体に大きな負担を掛けますので絶対に止めましょう。

    服用に関してバイアグラは食後の使用は避け、できるだけ空腹時に服用すると効果を十分に発揮すると言われています。

    飲酒可能ではありますが、大量にアルコールを摂取するとバイアグラの効果が弱くなることもありますので、お酒との併用はできるだけ控えた方が良いでしょう。

    バイアグラ服用の注意点

    バイアグラ服用禁忌

    バイアグラは、持病や服用薬によって使用を禁止した方が良い薬もあります。

    例えば、硝酸剤やニトログリセリンなどの一酸化窒素供与剤を投与中の場合は、併用を控えた方が良いでしょう。

    もし服用する際に不安や不明な点がある場合は必ず取扱説明書などを参照し、自身が禁忌事項に当てはまる事がないか十分にチェックすると良いでしょう。

    用法や用量を守れない人

    バイアグラは、25mg、50mgと規格が決まっています。

    欧米諸国では、100mgまでのバイアグラが承認されています。

    日本国内では、体格差の考慮が必要ですが、最大50mgの規格での販売がされています。

    そのため自己判断で用量を増やすと思わぬ副作用を招く場合がありますので、絶対に止めましょう。

    果物との飲用

    グレープフルーツの果肉や果汁は、副作用を誘発する恐れがあります。

    グレープフルーツには、バイアグラの有効分の分解を遅らせるフラクノマリン酸という成分が含まれているので、有効成分の血中濃度を必要以上に高くする危険があります。

    これにより普段よりも副作用が起こりやすくなりますので、果物との飲用は控えた方が無難でしょう。

    バイアグラの副作用

    バイアグラの代表的副作用

    バイアグラは、血管拡張を促す作用があります。

    症状は人それぞれと異なりますが、代表的な副作用としてほてり、潮紅、頭痛、めまい、消化不良、酷くなると死亡にも発展する事があります。

    もし発症した場合は即座に使用を中止し、安静にするか場合によっては医師の診断を受ける必要があります。

    ほてり、潮紅

    バイアグラを飲むと血管拡張作用によってお酒を飲んだ時のように、ほてりや潮紅を起こす事があります。

    このほてり、潮紅は性行為の妨げにならない程度の軽い症状であることが特徴です。

    ただし性行為が続けられない場合は、室温や寝具を調節して身体を冷やす事に徹すると良いでしょう。

    頭痛、めまい

    バイアグラの効果で血管が拡張されて血圧が変化すると頭痛が起こることがあります。

    頭痛はバイアグラの症状の中でも軽い症状の部類に入りますが、頭痛が断続的に起こる場合は性行為に集中する事ができなくなるため、できるだけ安静にしましょう。

    消化不良

    非常に稀ではありますが、消化不良を起こす場合があります。

    これはバイアグラの作用によって血管が拡張される事で食道、胃、腸といった消化気管の働きが活発になる事で発症します。

    もし症状に耐えられない場合は、市販の胃腸薬を処方する事で改善できる可能性があります。

    バイアグラ以外のED治療薬

    バイアグラジェネリック

    バイアグラを先発薬としたジェネリック医薬品があります。

    このジェネリックは、正規版よりも価格がかなり抑えられるという特徴があり、効果もほぼ同じためうまく利用すると良いでしょう。

    ただバイアグラジェネリックを利用する場合は、通販で購入する必要がありますのでここは注意が必要です。

    通販では、偽物も多く出回っていますので注意しましょう。

    レビトラ

    レビトラは、ドイツ・バイエル社と英国グラクソ・スミスクライン社によって共同開発されたED治療薬です。

    ヨーロッパに続き2003年にアメリカでも販売され、日本では2004年から認可されています。

    レビトラを使用すると性行為に必要な満足な硬さの勃起力、勃起の持続を促す働きが期待できるようになります。

    使用方法は、1日1回性行為の1時間前に服用するのが一般的です。

    次回レビトラを使用するのであれば、24時間以上空ける必要があります。

    服用に関してバイアグラに比べると食事の影響を受けない特徴がありますが、薬の効果を十分に得るには、できるだけ空腹時に服用した方が良いと言われています。

    シアリス

    シアリスは、米国イーライリリー社が開発したED治療薬でヨーロッパ、南米でシェアNo.1の使用率を誇っています。

    アメリカでは2003年に、日本では2007年から認可されています。

    シアリスを使用すると性行為に必要な満足な硬さの勃起力、勃起の持続を促す働きが期待できるようになります。

    使用方法は、1日1回性行為の2~3時間前に服用すると良いでしょう。

    次回シリアスを使用する場合は、前回の服用から24時間以上空けて次の服用をする必要があります。

    服用に関して食事の影響を受けにくいので、食事に神経質になる必要が無いというのも特徴の一つです。

    ザイデナ

    ザイデナは、韓国の東亜製薬が開発したED治療薬です。

    ザイデナの主成分はウデナフィルです。

    バイアグラ、レビトラ、シアリスと同様にPDE-5阻害薬に分類されています。

    ザイデナの特徴は、レビトラの即効性、シアリスの長時間作用を併せ持つED治療薬と言えます。

    作用時間は、100mg錠で12~24時間と言われています。

    ザイデナの副作用は、バイアグラより少ないと言われており、副作用の症状は各ED治療薬に共通のほてり、鼻閉、目の充血、頭痛等が主要な症状となります。

    カマグラ

    カマグラは、インドのムンバイに本拠を構えるアジャンタ・ファーマ社が製造及び販売するバイアグラのインド製ジェネリック医薬品となります。

    国内では、インド製コピー版バイアグラという位置付けで厚労省未認可の医薬品となっています。

    作用時間は50mgで4時間、100mgで7~8時間と言われています。

    カマグラの副作用は、頭痛、消化不良、鼻づまりなどが主要な症状となります。

    バイアグラ以外のED治療薬の特徴・注意点・副作用について

    ED治療薬の特徴

    ED治療薬は、陰茎に対する勃起障害を助ける治療薬として開発されています。

    服用すると強制的に海綿体への血液流入を促進し、ペニスを勃起させることができる効果が期待できます。

    しかし性欲を増進させたり、催淫効果などを発揮するものではありません。

    そしてバイアグラは、勃起停止に関わるPDE5を阻害する役割を持ちます。

    PDE5の作用は、血液が流れにくくなってしまうのを抑える事ができます。

    飲用する際の注意点

    ED治療薬は、水かぬるま湯と一緒に飲むようにすると良いでしょう。

    ED治療薬を飲む際は、勃起を助ける血管拡張作用が起こりますので、できるだけ間隔を開けて連続使用は避ける必要があります。

    そのため前回の服用から24時間以上空けて服用すると良いでしょう。

    禁忌薬

    ED治療薬には、禁忌薬があります。

    例えば、ニトログリセリンや硝酸薬はNGと謳われています。

    バイアグラは血圧を下げる効果もあるので、血圧が過度に低下する事があります。

    そのため薬の組み合わせによっては、効きすぎたり、逆に薬の効果を打ち消し合うので最悪の場合は失神及び死に至る場合もあります。

    副作用

    ED治療薬を服用後、副作用として顔や体のほてり、目の充血、頭痛、鼻づまりなどが発症が発症する事があります。

    いずれの症状も軽微で薬の効果が切れるとともに消失しますので安心してください。

    ED治療薬を使用する際は副作用の心配があるため、事前に病院やクリニックなどで診察し、状態を確認しておくと安心です。

    ED治療薬の購入について

    ED治療薬を購入する方法は、個人輸入の通販サイトで購入する必要があります。

    ただし現在は日本の法律上、バイアグラなどのED治療薬を取り扱う通販サイトは存在しません。

    この理由は厚生労働省の個人輸入代行業の指導・取締りによると医薬品の輸入を行う場合、譲渡や販売は行ってはならないと定められているからです。

    そのためAmazonや楽天などの通販サイトでは購入することができない決まりです。

    ED治療薬は薬局やドラッグストアなどで購入する事ができません。