eLife logo
再診の方
Menu

編集者

記事製作者
Kyoka Hayakawa

目次

    更新日: 2022.07.18
    バイアグラとその入手方法について医師が詳しく解説

    ED薬として最もメジャーなバイアグラの入手方法や費用について医師が詳しく紹介します。医薬品であるためクリニックの処方箋が必要です。eLifeクリニックでは最短5分の電話で安心してバイアグラを入手可能となっています。

    バイアグラとは

    バイアグラは、アメリカのファイザー社が販売しているED治療薬のことです。

    シルデナフィルと呼ばれることもあり、20年以上ずっと販売が続けられています。

    元々は1990年代に狭心症の治療薬として研究開発が始まったものの結果は思わしくなく、治験の中止を決めたそうです。

    ところが治験者のペニスが勃起する作用が見られたため、ED治療薬として発売されることになったという経緯があります。

    現在では世界的に有名なED治療薬となっており、日本でも圧倒的な知名度を誇ります。

    ED治療薬=バイアグラという認識をお持ちの方も決して少なくはないでしょう。

    日本では市販品がなく処方が必須

    非常に有名なバイアグラですが、日本では第一類医薬品に指定されています。

    基本的に市販品はなく、ドラッグストアやインターネットの通信販売で購入することができません。

    医師による処方が必須となっていますので、風邪薬感覚で買えないことを覚えておきましょう。

    ネットなどでは精力剤も売られていますが、ED治療薬とは別物です。

    精力剤はあくまでもサプリや健康食品の類であり、バイアグラの医薬品とは異なります。

    処方は不要なものの、バイアグラのようなED改善の効果があるとは言えません。

    保険は使えず自費診療となる

    バイアグラは、基本的にクリニックなどでの処方が必要ですが、自費診療であることに気を付けましょう。

    病院などで薬を処方してもらった場合、健康保険の対象になるのが一般的です。

    1~3割負担で済むため、1錠500円の薬であれば、自己負担は50~150円となります。

    一方、バイアグラは健康保険の対象にはならず、自費診療が基本です。

    全額自己負担になりますので、処方してもらう際は事前に価格を聞いておくと良いでしょう。

    処方してもらう場所にもよりますが、1錠あたり1,000~2,000円は見ておく必要があります。

    バイアグラのジェネリックもある

    バイアグラはファイザーの特許がすでに切れており、現在はジェネリックもいくつか流通しています。

    先発薬のバイアグラは1錠1,000円を超えますが、ジェネリックは数百円で販売されています。

    そのため、費用が気になる方はジェネリックも検討してみると良いでしょう。

    ただ、ジェネリックに不安や効果に疑問を感じる方は、先発薬のバイアグラがおすすめです。

    値は張るものの、安心感という点では大きいのではないでしょうか。


    バイアグラの入手方法

    EDの改善が期待できるバイアグラですが、入手方法が分からない方も多いと思います。

    主な入手方法としては、クリニック・オンライン診療・個人輸入の3つがあります。

    ただ、個人輸入については非常にリスクの大きい手段ですので、クリニックかオンライン診療のいずれかを検討してみましょう。

    クリニックで処方してもらう

    1つ目のバイアグラ入手方法がクリニックです。

    街中などには男性向けのメンズクリニックがありますが、ED治療に対応しているところも少なくありません。

    ED治療を行っているクリニックの場合、バイアグラを処方してもらえる可能性があります。

    クリニックのメリットは、ほぼ確実にED治療薬を入手できるという点です。

    医師によるカウンセリングや検査も受けられるため、安心感も大きいでしょう。

    医師の指導の元でバイアグラを使用したいなら、クリニックへの通院をおすすめします。

    オンライン診療で処方してもらう

    2つ目の入手方法がオンライン診療です。

    オンライン診療は近年始まった取り組みですが、バイアグラの処方を行っているケースもあります。

    特に魅力的なのは、自宅にいながらバイアグラを処方してもらえることでしょう。

    オンライン診療は電話やビデオ通話などで診察するため、病院まで足を運ぶ必要がありません。

    プライバシーも確保しやすく、誰かに通院中を目撃されるリスクが皆無です。

    近くにクリニックがない、バレずにED治療を受けたいという方は、オンライン診療を検討しましょう。

    個人輸入で入手する

    そして3つ目の入手方法がバイアグラの個人輸入です。

    バイアグラの輸入そのものは、個人で使用する場合に限定すれば違法ではありません。

    誰かに販売・譲渡した場合はNGですが、自分で使うなら問題はないのです。

    個人輸入は代行業者も多く、バイアグラに対応しているところも少なくありません。

    通販感覚で利用できるため、手軽さという点ではオンライン診療とほぼ同等と言えるでしょう。

    しかし、バイアグラの個人輸入はリスクが大きく、どのような理由であってもおすすめしません。

    個人輸入の経験がある方も、バイアグラは避けておきましょう。

    クリニックかオンライン診療を

    バイアグラを入手する方法は複数ありますが、クリニックかオンライン診療で処方してもらうことをおすすめします。

    むしろ個人輸入に頼るくらいであれば、オンライン診療でバイアグラを入手するべきです。

    クリニックとオンライン診療のどちらがよいかは人それぞれです。

    対面で診察を受けたい方や、通院に抵抗がない方はクリニックでの処方が適しています。

    誰かにバレたくない方、電話やビデオ通話に抵抗がない方は、オンライン診療を選ぶと良いでしょう。

    個人輸入のリスク

    バイアグラの個人輸入に興味をお持ちの方も多いと思いますが、いかなる理由でも手を出すのは危険です。

    実はバイアグラが登場した当初、日本では個人輸入する方が少なくありませんでした。

    その後バイアグラを処方するクリニックなどが増えたものの、現在でも個人輸入する方は少なからずいます。

    しかし、個人輸入は様々なトラブルが相次いでおり、リスクの高い行為なのです。

    偽薬を掴まされる危険がある

    特にリスキーなのは、偽薬を掴まされる可能性が高い点でしょう。

    バイアグラは、個人輸入の半数がニセモノとされており、実際はバイアグラを模した薬が送られてくる被害が相次いでいます。

    偽薬は有効成分のシルデナフィルが配合されていないばかりか、衛生面にも不安が残ります。

    どのような状況で製造されているかも分からない以上、決して口にするべきではありません。

    危険な成分が含有されているリスクも

    個人輸入したバイアグラにシルデナフィルが入っていたとしても、他の成分はどうでしょうか。

    パッケージには記載されていない、危険な成分が含有されているリスクもあるのです。

    バイアグラは、過去に服用との因果関係が否定できない死亡例もいくつか報告されています。

    しかし、個人輸入の薬は含有成分が分からない以上、正規品のバイアグラよりも副作用・死亡リスクが高いと言えるでしょう。

    そのような危険を犯してまで、個人輸入をする理由はあるのでしょうか。

    品質や安全性が担保されていない

    個人輸入したバイアグラは、品質や安全性が一切担保されていません。

    国内で流通している先発薬・ジェネリックは、品質と安全性がしっかりと担保されています。

    もちろん副作用こそあるものの、正しく服用すれば安全にEDを治療することができます。

    個人輸入のバイアグラは、国内では未承認薬も多いため、安全性を担保することができません。

    製造された環境も不明瞭で、品質についても大きな疑問が残ります。

    処方してもらうのが安全

    個人輸入したバイアグラには、偽薬の可能性や成分の安全性、品質など様々な不安要素が付き纏います。

    服用自体が危険ですので、リスクを犯したくない方はクリニックやオンライン診療で処方してもらいましょう。

    クリニックやオンライン診療の処方なら、安全性が担保されるのはもちろん、偽薬を掴まされる危険がありません。

    医師の指導の元でEDを治療できますし、副作用が生じた際のアドバイスも受けられます。

    どのような場合にしても、バイアグラの個人輸入に手を出してはいけません。

    最悪自分の命を落とす結果につながりますので、絶対に止めましょう。

    eLifeクリニックの診療について

    クリニックを受診すれば、バイアグラを処方してもらえますが、自宅の近くにクリニックがない方も多いと思います。

    もしクリニックがない・行けないという方は、eLifeクリニックのオンライン診療をおすすめします。

    電話ですぐに診察を受けられるため、クリニックへ通院するよりも手軽で簡単です。

    オンライン診療でバイアグラを処方可能

    STEP 1
    Image assets%2Ff84ab7e7f0af4058b5c5065e08214eae%2F6ce64806b12f4c4b9771a6c36a69846b
    ステップ1:Web問診表 & 診察予約

    お客様情報を入力し、事前問診に回答。


    カレンダーで診療日時・診療方法を選択します

    STEP 2
    Image assets%2Ff84ab7e7f0af4058b5c5065e08214eae%2Fcb28b64c15fa45928ffb4267e71141cd
    ステップ2:医師がオンラインで診察・処方

    医師の診療を経ておくすりを処方。


    診療時間は約1~3分です。

    STEP 3
    Image assets%2Ff84ab7e7f0af4058b5c5065e08214eae%2F9131a1ef51424c94ba137ddbc25286e4
    ステップ3:最短当日発送

    診療後、原則当日発送。


    プライバシーに配慮したかたちで配送を行っています。

    eLifeクリニックなら、オンライン診療でバイアグラを処方してもらうことができます。

    クリニックへ行かず、バイアグラを入手する手段は個人輸入が一般的ですが、諸々の理由で決しておすすめできません。

    そのため、クリニックへ足を運べない場合、オンライン診療が最適な手段となります。

    eLifeクリニックは利用方法もシンプルなため、PCやスマホに慣れていない方でも安心です。

    自宅にいながらでもOK

    自宅にいながら全て完了するのもeLifeクリニックの特徴と言えます。

    ユーザー登録や問診票の記入はもちろん、診察の予約や薬の処方まで全てが自宅内で完結します。

    薬は自宅に発送されますので、バイアグラを受け取りにクリニックまで行く必要もありません。

    予約も自分の都合に合わせられるため、空き時間を有効活用することができます。

    忙しい方でも気軽に診察を受けられるでしょう。

    家族や友人に通院を知られるリスクがない

    家族や友人にバレないのもeLifeクリニックの強みです。

    クリニックへ通院した場合、通院中に家族・友人に見られてしまう可能性があります。

    しかし、eLifeクリニックは通院しなくてもよいため、友人にバレてしまう危険性は低めです。

    薬の受け取りと保管に注意すれば、安心してED治療に専念できるでしょう。

    バイアグラ以外のED治療薬

    ED治療薬はバイアグラが有名ですが、他にも2つのED治療薬があります。

    もし興味がある方は、クリニックで処方してもらうと良いでしょう。

    レビトラ

    レビトラは、2004年に発売されたED治療薬です。

    バイアグラの次に登場したED治療薬で、空腹時なら服用後20分ほどで効果が見られる即効性が特徴と言えます。

    持続時間は有効成分の含有量によりますが、5~10時間ほど持続するとされています。

    しかし、レビトラは販売中止が決まってしまい、先発薬については入手できません。

    現在入手可能なのはジェネリックのみとなっています。

    シアリス

    シアリスは、日本で2007年より販売されているED治療薬です。

    バイアグラよりも後発ですが、着実に世界的なシェアを伸ばしています。

    シアリスの特徴は持続時間の長さで、服用後36時間までは効果が認められています。

    バイアグラの持続時間は数時間ですので、かなり長いことが分かります。

    ただし、ずっと勃起状態が続くわけではなく、性的な興奮や刺激が必要になります。