eLife logo
再診の方
Menu

編集者

記事製作者
Kyoka Hayakawa

目次

    更新日: 2022.06.23
    効果的にテストステロンを増やす方法を詳しく解説

    性欲や気分の浮き沈みにテストステロンは強く関わっています。そんなテストステロンですが、食生活や処方で改善することが可能です。専門家が詳しく解説いたします。

    テストステロンとは

    人の身体は様々な組織で構成されていますが、ホルモンのバランスが体の健康に大きく関わっています。

    男性ホルモンは筋肉を形成したり、男らしい身体を作るために必須で、男性機能を維持するためにも欠かせません。

    男性ホルモンにもいくつか種類がありますが、テストステロンは男性が男性らしくあるためのホルモンで、不足すると精力・性欲などの男性機能を低下させる要因になります。

    そんなテストステロンの重要性について知っておきましょう。

    男性ホルモンと女性ホルモンの役割

    人の身体に必要な男性ホルモンと女性ホルモンですが、名称だけ聞くと男性には男性ホルモン、女性には女性ホルモンがあるように感じられます。

    実際には男性女性共に両ホルモンがあって、重要な役割を担っています。

    体内での割合は男性だと男性ホルモンが、女性だと女性ホルモンの割合が多くなっているため、このような名称になったと言われています。

    男性ホルモンは、体毛をはやす働きや筋肉量を増やすなど男性に必要な役割が多くなっています。

    では女性には必要ないのかというと、そういうわけではありません。


    女性の場合、男性ホルモンは卵巣や副腎で生成されています。

    そして生成された男性ホルモンは、体内のアロマターゼという酵素により女性ホルモンへと変換されるのです。

    そのため女性の体内に男性ホルモンがないと女性ホルモンの生成ができないため、必要不可欠なものとなります。

    女性の血液内に男性ホルモンはおよそ5~10%含まれていますが、女性機能に必要な卵細胞の成長に欠かすことができません。

    つまり男性にとって必要なことはもちろん、女性にとっても男性ホルモンはとても重要なものだということです。

    テストステロンの役割

    男性ホルモンのおよそ90%がテストステロンであり、人体に欠かせないもののひとつです。

    テストステロンは筋肉を発達させる役割があり、男性が筋肉質で逞しい身体になるのは男性ホルモンの分泌が多いからです。

    体の代謝を促進するための働きもあります。

    最も重要なのが男性機能に関する働きで、睾丸内で精子を生成するためには男性ホルモンが必要になります。

    性欲を起こす働きかけをテストステロンが行っているので、テストステロンは男性機能を正常に働かすためには多く分泌しなくてはなりません。

    テストステロンが減少すると

    テストステロンの分泌量は、年齢を重ねると減少する傾向にあります。

    年齢とともにペニスの勃起力が弱くなったり、持続力が低下するのもテストステロンの分泌が減っているからに他なりません。

    テストステロンが減少すると性的刺激に対する興奮も低下し、精力・性欲共に衰えることに繋がります。

    代謝も低下し、健康状態を悪化させることにもなりかねません。

    性欲とテストステロンの関係

    テストステロンは成長期に男性器の発育を促進し、成長後は性機能を維持する働きを担っています。

    単純にテストステロンが多い人は性欲が強くなるというわけですが、テストステロンが少ないと即ち性欲も減少してきます。

    精子の生成量も少なくなり、男性機能が低下する要因へと繋がります。

    テストステロンの増やし方

    男性ホルモンの一種であるテストステロンは、男性機能を維持するために欠かせないホルモンです。

    テストステロンには、人体に必要なエネルギーを生み出す働きかけをする機能があり、健康で元気な状態を維持するために必要になります。

    快楽ややる気を起こさせるドーパミンの生成を促進させることもできます。

    年齢とともに減少するテストステロンの量を増やすためには、食生活を変えることもポイントになります。

    食事の偏りは健康状態を損なうだけでなく、テストステロンの分泌にも悪影響を及ぼします。

    特にたんぱく質や亜鉛を多く含む食品を定期的に摂取することが、テストステロン量の増加に繋がります。

    テストステロンの分泌が活発な男性は、エネルギッシュで精力・性欲共に旺盛で女性からも魅力的に映ります。

    テストステロンの分泌を活発にする方法

    不足したテストステロン量を補うためには食事による方法もありますが、低下した体内での分泌を促進することも重要です。

    食生活の乱れが分泌を減少させるということはよく知られていますが、十分な睡眠が取れないとテストステロンの分泌低下に繋がります。

    食生活も大事

    偏った食事や不定期な食事の取り方をすると、健康状態に悪影響を与えると言われています。

    食生活の不安定さは健康状態はもちろん、テストステロンの分泌にも影響を与えます。

    1日3食必要な栄養素をバランスよく摂取し、健康な代謝を意識するとテストステロンの分泌も活発になると思います。

    日常生活の改善

    食生活の乱れが分泌を減少させるということはよく知られていますが、十分な睡眠が取れないとテストステロンの分泌低下に繋がります。

    寝不足が続くと精神的にも不安定になり、集中力も低下しストレスを増やす要因になります。

    良質な睡眠を取り、規則正しい生活を送るようにすれば、テストステロンの分泌も促され減少を止めることも可能です。

    男らしさを維持するために必要

    テストステロン量が減ったり分泌が不安定になると精子の生成量も減り、筋肉も衰えてきます。

    筋力の衰えや精力の衰えは男性らしさを失うことと同じで、男らしくありたいと思う人はテストステロンの分泌を促進するように生活を改めることをおすすめします。

    テストステロンを増やす効果のある食材

    男性ホルモンの中でも特に分泌量が多く様々な機能に関係するテストステロンは、分泌量を減らさないことを常に意識しておく必要があります。

    年齢を重ねると必然的に分泌は低下しますが、分泌を促進することと食事として補うことの両方が求められます。

    テストステロン量を増やす効果のある食材を知っておくと役に立ちます。

    男性ホ��モンの分泌と食事の関係

    男性ホルモンの分泌を促進するためには、身体のエネルギーになるようなものが必要です。

    タンパク質や亜鉛は男性ホルモンの生成、精子をつくるために必須な成分で、これらを多く含む食材を摂ることがテストステロン量を増やすことに繋がります。

    テストステロン増加に欠かせない食材

    テストステロン増加を促進する食材はいくつかありますが、代表的な食材を紹介します。

    野菜ではブロッコリー、玉ねぎ、にんにくが挙げられます。

    ブロッコリーは女性ホルモンであるエストロゲンを排出し、テストステロンの優位性を高める効果があります。

    玉ねぎは保健機関の研究結果から、血清テストステロン量を高める効果があると考えられています。

    ニンニクは滋養強壮効果のある食材として有名ですが、ニンニクの主成分がテストステロンの分泌を促進すると言われています。

    魚介類では牡蠣は亜鉛を多く含む食材として有名で、テストステロン量にも関わってきます。

    魚の脂質もテストステロン量を増やす成分と考えられています。

    肉類では、鶏肉、赤身の肉がテストステロンの分泌に繋がります。

    鶏肉は低脂肪高たんぱくで、健康な身体つくりにも欠かせません。

    最後に卵とナッツはともに亜鉛とビタミンが豊富で、テストステロンを増やす効果は高いと思われます。

    生活習慣の改善と併せて

    紹介した食材を毎日適量摂取すれば、テストステロンの分泌を促進する効果が現れてくると思います。

    しかし、寝不足が続いたり不規則な生活を続けていると、その効果も減少する恐れがあります。

    生活習慣の改善と併せて、食生活を変えることが重要です。

    テストステロンを増やす治療法

    日常生活を変えたり、食生活の改善でテストステロン量を増やすことは可能です。

    ただ、年齢を重ねていくごとにその分泌量は減少する傾向にあり、生活習慣や食生活を変えるだけでは補うことも難しくなってきます。

    個人の努力だけでテストステロンの分泌を促進できなくなったら、専門の医療機関での治療が必要になります。

    テストステロンは年齢とともに減少

    テストステロン量には個人差があって、若くても精力・性欲が弱い人もいれば、50代でも精力旺盛な人もいます。

    ただ、どんな精力的な男性でも年齢とともにテストステロンの分泌量は減少してきます。

    減少したテストステロンは食事でも補うことは可能ですが、治療によって分泌量を増やす方がより効果は大きくなります。

    体質を変えることも大事

    年齢を重ねてテストステロンの量が減少するのは、運動不足にも原因があると言われています。

    年齢を重ねると代謝力が低下し、テストステロンの量も減少してくるのですが、学生時代には定期的に運動をしていた人も、仕事の忙しさから運動をしなくなる傾向があります。

    運動不足は体形の変化にも繋がりますが、体質も変化させ代謝の悪い身体にしてしまう恐れがあります。

    適度な運動とバランスの良い食事で体質を変えることも重要なポイントです。

    増やす効果のある治療方法

    テストステロンの減少は精力・性欲の低下などの男性機能に影響を与えますが、男性の更年期障害を起こす要因にもなります。

    食事や生活習慣の改善では効果が出るまでに時間もかかるため、確実にテストステロンを増やしたいなら補充療法が効果的です。

    テストステロン補充療法は、その呼び方の通り体内にテストステロンを補充する方法で、注射と皮膚吸収のふたつの方法があります。

    事前に体内のテストステロン量を測定し、不足している量を注射及び塗布することによって補います。

    注射の場合は2週間から3週間に1回のペースで行います。

    注射での補充は保険が適用されるので、治療の際は注射の方をおすすめします。

    副作用について

    注射や皮膚吸収による補充は即効性の高さが大きなメリットですが、体内に強制的に追加することでの副作用が懸念されます。

    テストステロン補充療法によって起きる可能性があるのは、多血症と肝機能障害のふたつです。

    起きるリスクは高くないようですが、赤血球が大幅に増加する可能性と肝臓への負担の恐れがあることは知っておきましょう。

    このような副作用の恐れがあるため、肝機能障害を患っている人は補充療法を受けることはできません。

    前立腺がんを患っている人も補充療法には不適格です。

    前立腺がんはDHT量が増えることで発症する可能性がありますが、テストステロン量が増えると相対的にDHTも増えるため、補充療法を受けると悪化する恐れがあるからです。